弊所では「起業・事業拡大を堅実かつスピーディに実現すること」「安心して事業に打ち込んでいただける環境を作ること」をモットーに、法務顧問サービスを提供しています。

 弁護士というと、訴訟などの「対症業務」のイメージが強いかもしれませんが、弊所では余計なトラブルを起こさず、堅実に事業を進めていくための「予防法務」を重視しています。

 「予防」を効果的に行うためには、いかに徹底的に「リスク」を洗い出せるかということが鍵となってきます。リスクを正確に把握すればどのような措置を講じるべきかはおのずとわかってくるからです。

 弊所の法務顧問サービスは、リスクを洗い出すために必要な「些細なことでも相談できる環境」「事業者も知っておきたい最低限の法律・契約知識のセッション・研修」を提供するとともに、リスク対策として最も効果的な手段である「契約書などの各種文書の作成」を、オーダーメイドで提供するサービスです。

相談・法務コンサルティング 面談又はzoom

 弊所の特徴は、「クライアントからの相談の有無にかかわらず定期的に面談・セッションを実施していること」です。

 多くの法律事務所では、クライアントが法律問題を発見し、それを弁護士に相談するという流れで相談が行われます。

 しかし、これには2つの問題があると考えます。

 「些細なことが相談しにくくなってしまうこと」と「クライアントからの相談がなければ問題が表出しないこと」です。

 弁護士に連絡して、アポイントを取って相談するという流れでは、相談までのハードルが高くなってしまい、「このくらいなら相談しなくてもいいか…」ということになりかねません。クライアントは重要でないと考えていることでも、実は法的に重大なリスクを持っているケースもあります。

 そこで弊所では、クライアントから相談事があってもなくても定期的にミーティングを実施しています。
 法律に関係がないこと、例えば、「次はこういう事業を考えてるんだけど、どう思いますか?」といった相談や雑談も大歓迎です。

 弊所は、定期的にミーティングを実施し、些細なことでも相談しやすい環境を整備しております。事業の現状や日々の業務を共有することによって、「クライアントすら気づいていない重大なリスク」を炙り出し、対策をご提案いたします。

法律知識に関するセッション・勉強会・研修

 法務の基本は、「事前にリスクを察知し、適切に対策を講じておくこと」です。

 実は、事業や契約に潜むリスクを正確に把握することさえできれば、どのような対策を取ればいいのかはおのずとわかってきます。
 逆にリスクが正確に把握できていない場合、いくら考えても効果的なリスク対策にはなりません。

 弁護士は事業者の日々の業務をすべて見るわけではありません。例えば「勧誘、商談、クロージング」はトラブルの火種になりやすく、リスクが潜んでいることが多い部分なのですが、現場でどのような勧誘等が行われているのかをすべて見られるわけではありません。

 そこで、弊所では、「事業者様に最低限必要な知識を持って頂くこと」も重要だと考え、法律知識に関する研修や勉強会を開催しています。と言っても、細かい法律の解釈など難しい話には立ち入らず、「こういうケースではこういう点が問題になりやすいから注意しておいてください」という点を具体的な事例も交えてわかりやすく解説するように心がけており、クライアントからもご好評をいただいています。

 事業者自身にも最低限の知識を持って頂くことで、業務のふとした瞬間に「ちょっと気になるから相談してみよう」というきっかけを持ってもらい、リスク対策をより効果的なものにすることができると考えています。

契約書などの書式作成

 リスク管理・対策は「書式作成」に尽きる、と考えています。

 特に事業者や提携先との取引や利用者への販売・サービス提供など「相手方」が存在する「契約」においては、契約条件やお互いが遵守すべき「ルール」を決めておく必要があります。

 その際は、徹底的に分析したリスクを踏まえて、どのように処理することが自社にとって最善かを判断し、「契約書」や「利用規約」として「見える化」しておくことが重要です。
 そのうえで、両社が条件に合意した上で契約を交わしたことを明らかにするために、「契約書の締結」や「利用規約への同意」をきちんと取っておくことが必要となります。

 今後、正規雇用は減少し、必要な業務は外注したり提携したりすることでカバーしていくという動きはますます加速していくものと思います。その場合、お互いに独立した当事者として取引を行うことになるので、今までのように「暗黙の了解」や「業界・会社のルール」と言ったものは通用しなくなるかもしれません。
 お互いが気持ちよく協業するためにも、今後はさらに「契約書」の重要性が高まっていくと思います。弊所には様々な種類の契約書・利用規約を作成してきた実績がありますので、弊所の知識と経験があなたのお役に立てれば幸いです。

 なお、以下に弊所が作成を手掛けた契約書の一例を掲載しておきますので、ご参考になれば幸いです。

   ・人材紹介会社のウェブサービスの利用規約

   ・コンサルティング、コーチング業務に関する契約書

   ・フランチャイズチェーンへの加盟契約書・本部運営用書類

   ・事務作業や営業代行などの外注(業務委託)契約書

   ・会員制サービスの基本契約書

   ・レベニューシェアの運用・管理フローの作成

   ・オンラインサロン利用規約

   ・講師育成事業の受講契約関係書類・講師ライセンス発行規約

   ・学習塾の入塾関係書類

   ・整骨院の免責事項承諾書

   ・提携先企業との業務委託(営業代行)契約、販売店・代理店契約 など

電話、SNSを利用して相談(いつでも)

 もちろん、ご相談事がありましたら、SNSや電話を利用していつでもご相談を頂けます。

 弊所では対応時間の上限はありませんので、お気軽にご相談いただければ幸いです。

料金プランについて

 基本的には月額定額制(顧問料制)を採用しております。

 詳細は無料オンライン相談の終了後にお見積りをご提示させて頂きます。

 他の法律事務所の顧問料と比較して低額というわけではありません。その分なるべく多くの時間クライアント様と直接お話ししたり、様々なリスク対策・書式作成や勉強会を実施したりと言ったきめ細やかなサポートをご提供させて頂くことを第一に考えているためです。

 そうは言っても、なかなかいきなり顧問を依頼するというのは気が引けてしまうかもしれません。そこで弊所では、「契約書など重要書式1通作成+3か月間のコンサルティングサポート」というお試しプランもご用意しております。

 まずはお気軽に、下記問い合わせフォームからご連絡を頂ければ幸いです。可能な限り速やかにZoom又は面談により無料相談をセッティングさせて頂きます。